Rodenstock(ローデンストック)製品を高値で売るには?

Rodenstock(ローデンストック)とはどういうメーカー?

Rodenstock(ローデンストック)はもともとは精密機器メーカーとしてメガネのフレームとレンズの製造販売をおこなっていました。
ですが第一次大戦以降、大不況に陥った際に販路拡大の目的で、カメラの製造販売を始めたところ、見事今のように世界に誇れるメーカーにまで成長してきたという歴史があります。
製造販売とはいえ、1950年ごろまでに販売した十数種類のカメラはウェルタ・カメラヴェルくを下請けとして製造したものなのだそうです。現在は大判カメラのレンズを主力商品としていることもあり、家庭用のカメラをお使いになる方にはあまり知られていないメーカーかもしれません。
日本での販売はケンコープロフェッショナルイメージングが行っているのだそうです。

Rodenstock(ローデンストック)製品を高値で売るには?どうしたらいい??

特に高価買い取りの対象となりやすいのは交換レンズなのだそうです。
Rodenstock sironar 100mm f/5.6などだそうですが、レンズの買い取り査定の場合にはいくつか気を付けておきたいポイントがあります。
レンズというのはデリケートな部品です。ですから傷を付けてしまったりしては査定云々いってはいられないような状況になってしまいます。
ですから手入れをする際には細心の注意を払って折角のレンズをムダにしてしまう事がないようにしておいてください。
状態が良く、付属品がきちんとそろっている状態であれば、査定額ダウンになるようなことはそうそうなく、むしろ査定額UPになるケースが多くなります。